ウミガメとゴミ問題について私たちができること

かめ

この記事ではウミガメとゴミ問題について

私たちができることについてまとめてみました。

 

是非、この記事を参考に私たちがウミガメだけでなく全ての海洋生物のためにできることを今日からコツコツやっていきましょう!

 

ゴミ問題

どのようなゴミが捨てられているのか?

そもそも海、砂浜にはどのようなゴミが捨てられているのか皆さんはご存知ですか?

海だと

  • ビニール袋
  • ペットボトル
  • 容器
  • など

砂浜だと

  • ビニール袋
  • ライター
  • ペットボトル
  • 容器
  • ゴム風船の破片
  • 金具

などが実際に海や砂浜で捨てられています。

特に夏など多くの人が海を利用する季節になると、BBQや花火で出たゴミを持ち帰らずに捨てて帰る人が多いため、夏にはかなりのゴミが海で見受けられます。

 

いくら注意しても、配慮が足りない人が多いので大変ですよね

ウミガメがゴミを食べてしまう理由

ウミガメはなぜゴミを食べてしまうのか?

 

それは、クラゲ(食糧)と間違えてしまうからです。

確かにビニール袋が海面に浮いていたらクラゲと間違えるのは人間でもあるかもしれません。

 

ウミガメなどの動物は本能的にクラゲという認識が

  • ふわふわ浮いていて、白く、透明

という認識であれば自ずと食べてしまう恐れが確かにありますよね。

 

人の場合、ふわふわして、白い食べ物と言ったら綿飴だ!という感じですね

ウミガメがクラゲ(食糧)とビニール袋を間違えて食べてしまったら胃の中がゴミでいっぱいになり

満腹なのに栄養不足で死んでしまったり、喉をつまらせて死んでしまうので

本当に海にゴミは捨てないで欲しいです。

 

ゴミ問題について私たちができることは?

海洋ゴミはほとんどが陸地で発生しているということがわかっているので、

まずはゴミを海に捨てないように呼びかけることは大切ですよね。

 

ただし、これは数年前からボランティアの方や地域の方が行っていてもいまだ海にゴミを捨てるという人がいるので

罰金制度や海にゴミを捨てた場合、私たちの生活にどのように影響するのかもしっかりと考えさせるような訴えをすることもかなり大切だと思います。

 

例えば、

ゴミを海に捨てると私たちの生活にどのような影響があるかについて

 

海にゴミを捨てる→鯨が餌と間違えゴミを食べる→鯨が死ぬ→鯨の体内のガスにより鯨が海面に浮上し、砂浜に上がる→異臭、処理費用が町、市にかかる→いいことは一切ない

 

これは実際ニュースであったのですが長期的に考えて誰も得することはないので

ゴミを持ち帰るという小さな行いだけでも環境を守っているということを多くの人に知ってもらった方が効果的だと思いました。

 

人は表面的なことしか気にしないので、具体性が大事!

まとめ

いかがでしたか?

 

ウミガメとゴミ問題についてこの記事では

  • なぜウミガメがゴミを食べてしまうのか?
  • そして私たちができること

についてまとめてみました。

 

実際に、毎年、海のゴミが影響でウミガメだけでなく数多くの海洋生物が死んでいるので、ゴミは海に捨てるのではなく、しっかりとゴミ箱に捨てて欲しいと思います。

 

環境に悪影響を及ぼすと結果的に私たち人間にとってもよいことは起こらず、逆に面倒な問題が増えるので当たり前ですがゴミはゴミ箱!に入れましょう!

※分別はしっかりと

 

では、よい日を!!

おすすめ記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました