リクガメの寿命ってどのくらいなの?リクガメの寿命についてまとめ

かめ

「リクガメの寿命ってどのくらいなのか」

そんな疑問を持ったことはありませんか?

 

この記事ではリクガメの寿命についてまとめてみました。

是非、この記事を参考にリクガメの寿命について知り、リクガメをより知ってきましょう!

そもそもリクガメとは?

リクガメとはそもそもどのような生物なのか?

 

リクガメとはその名の通り陸に生息しているカメのことをいい、

特徴としてはかなり大きいということが挙げられます。

 

また、日本ではペットとして飼育していることもありホームセンターなどにいけば見かけることができます。

 

リクガメの寿命は何年?

リクガメの寿命は一般的に「100年以上生きる」とされています。

長いですね!

最も長くいきたリクガメはアフリカのリクガメで

なんと「344年」生きたとされています。

※2019年記事参照

これは本当かどうか証明できていないのですが本当だとしたらかなりすごいですよね!

なぜ、リクガメの寿命はこんなに長いのか?

なぜ、リクガメの寿命は100年以上などとこれほどまでに長いのかなり不思議ですよね?

 

リクガメの寿命が長意図される原因には

  • 体内の代謝がかなり遅い
  • 心拍数が少ない

などのことが考えられます。

 

これについて「代謝」については代謝が早いほど生態の老化がどんどん進むということからリクガメの代謝速度というのが遅く、長い生きすることは納得できます。

 

心拍数が少ないということに関しても、結果的に生体内での老化が他の生物に比べて遅いといことから老化が進みづらいということが考えられ、ウミガメの免疫力や身体機能を高く保ったまま長生きできるということも納得できます。

 

雄、雌によって寿命は異なるのか?

今のところ雄、雌だからと言って寿命に差が出るわけではないそうです。

種々の個体によって若干の差は出るのですが基本的にリクガメは長寿らしいです。

人間の場合、男性より女性の方が平均寿命が長いです。

まとめ

いかがでしたか?

 

普通に考えると、人間以外の生物で寿命が「100年い以上」といのはかなりすごいことですよね。

リクガメ以外にも寿命が100年以上という生物は他にも存在するのですが

再度、リクガメってすごく長寿なんだと参考にしていただければ幸いです。

 

では、よい日を!!

おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました